【つみたてNISA】 おすすめ5選

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

こんにちは、りんりんです!

今日はつみたてNISAでおすすめする商品を5本に厳選して紹介します。

※本記事の内容は2019年9月23日現在の情報を元に作成しています。

りんりん
りんりん

つみたてNISAのおすすめ商品を紹介するよ!

スポンサーリンク

制度概要・選定基準

つみたてNISAは少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

制度の概要については、金融庁HPの資料が非常に分かりやすいので、下記リンクを参照ください!

つみたてNISAとは?(金融庁HPより)

つみたてNISAの概要 : 金融庁
つみたてNISAのしくみや投資について基本から解説します。まずはつみたてNISAの全体像を把握することからスタートしましょう。
f:id:free-investment:20190807193511p:plain
金融庁HPより

今回おすすめする商品は下記基準をベースに厳選した5本を紹介します。

選んだ基準

1.指数に連動したインデックスファンド

2.信託報酬が最安値水準であること

3.運用規模が100億円以上

4.時価総額平均ベースで先進国株式中心のもの

おすすめ5選紹介

それでは早速見ていきましょう!!

 ①〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド 

 資産配分 先進国株100%

 信託報酬 年率0.0999%(税抜き)

 総資産額 約1350億円

 まず最初に紹介するのは、ニッセイアセットマネジメント株式会社のMSCIコクサイインデックス(先進国株式100%)に連動する投資信託です。2013年12月から運用されている商品で、低コストのインデックスファンドを牽引してきた商品です。過去5年間で年率6.69%と素晴らしいリターン実績があります。

②emaxis slim先進国株式

 資産配分 先進国株100%

 信託報酬 年率0.0999%(税抜き)

 総資産額 約580億円

次に紹介するのは、三菱UFJ国際投信株式会社のMSCIコクサイインデックス(先進国株式100%)に連動する投資信託です。2017年2月から運用開始と、まだまだ日が浅いですが、既に総資産額580億と人気の商品の一つです。①のニッセイ外国株式と同様、業界最低手数料水準の商品です。

①の投資信託と基本的に変わらないので、好みで選んでください。

③emaxis slim 米国株式(S&P500)

  資産配分 先進国株100%(米国株100%)

 信託報酬 年率0.150%(税抜き)

 総資産額 約300億円

3本目に紹介するのは、三菱UFJ国際投信株式会社のS&P500インデックス(米国株式100%)に連動する投資信託です。先進国株の中でも過去のリターンが最もよい米国株に絞って投資したい方におすすめです。信託報酬は①、②より若干高いですが、それを上回るリターンが期待できます。

※ただし、将来のリターンが確証されているわけではありませんので、ご注意ください。

④楽天全世界株式インデックスファンド(通称:楽天VT)

   資産配分 全世界(先進国株 約82%、日本株 約8%、新興国株 約10%)

 信託報酬 年率0.21%程度(税抜き)

 総資産額 約270億円

4本目に紹介するのは、楽天投信投資顧問株式会社のFTSEグローバル・オールキャップインデックス(円換算ベース、全世界)に連動する投資信託です。③の米国株集中投資とは対照的に、全世界の株式にこれ1本で投資できるファンドになります。信託報酬は①~③に比べ高めですが、全世界分散投資を手間をかけずに出来るメリットが大きいです。

⑤emaxis slim バランス(8資産バランス型)

資産配分:国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内REIT、先進国REITに12.5%ずつ

信託報酬 0.140%(税抜き)

総資産額 330億円

5本目に紹介するのは、三菱UFJ国際投信株式会社の8資産クラスのインデックスに連動するバランス型投資信託です。①~④とは異なり、債券、REITを含んでいることが特徴です。債券、REITは株式に比べ、長期のリターンが劣る可能性が高いです。ただ、株式オンリーの投資信託に比べ、リスク(変動率)が小さいので、安定した運用が可能になります。

以上が、りんりんお勧めの投資信託でした。

商品選択の参考にしていただければ幸いです。

りんりん
りんりん

りんりんが一番好きな商品は”emaxis slim8資産バランス”だよ!

投資はあくまで自己責任でお願いします。

Believe in yourself.

コメント