【VOO】米国株ETF、S&P500連動、長期投資の最適解!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

こんにちは、りんりんです。

今日は米国株ETFのVOOを紹介します。

りんりん
りんりん

りんりんが投資の軸として保有している米国株ETFだよ!

f:id:free-investment:20190803232708p:plain
引用:バンガードHPより

バンガード・S&P500 ETF【ティッカー:VOO】はS&P500指数に連動する米国ETFです。

VOOは2019年4月26日より、経費率0.04%→0.03%に改定しています。経費率は毎年保有額に対してかかる手数料なので、長期保有者には有り難い改定です。

こちらはSBI証券、楽天証券、マネックス証券などで購入できます。 

S&P500ETFは、VOO以外にも iシェアーズ・コアS&P500ETF【ティッカー:IVV、経費率0.04%】、SPDRS&P500ETF【ティッカー:SPY、経費率0.0945%】があります。特に運用会社にこだわりがなければ、経費率の最も低いVOOがよいと思います。

※国内株ETFとして買えるものもありますが、経費率が若干高いのでおすすめしません。

 VOOの保有銘柄10位10種を以下に掲載します。

f:id:free-investment:20190803225128p:plain

引用:バンガード・インベストメンツ・ジャパンHPより

マイクロソフト、アップル、アマゾンなどお馴染みの企業が並んでいます。

S&P500指数に連動を目指すETFですので、米国株を代表する約500社に投資しています。VOOを保有していれば、S&P500採用銘柄に合わせて、銘柄入れ替えを勝手にやってくれます。

以下に、2014年7月31日に10,000ドル投資した場合の、5年間のリターン推移を掲載します。

f:id:free-investment:20190803225204p:plain

 引用:バンガード・インベストメンツ・ジャパンHPより

過去5年間で10,000ドル→約17,000ドル(年率リターン11.3%)となっています。年率10%以上と驚異のリターンです。

過去のリターンは将来のリターンを保証してくれるものではないですが、ETFでこれだけのリターン実績は非常に心強いです。個別株など手を出さずに、VOO一点集中でもいいのかもしれません。

ただし、これまで60年以上も好調な米国株も、今後は経済成長率の鈍化が予想されますので、過度な期待は厳禁です。

私もVOOを多少保有していますが、経費率0.03%と非常に小さく、長期で保有していきたいと思えるETFです。

りんりん
りんりん

経費率0.03%は安すぎる!日本のETFも見習ってほしい!

投資はあくまで自己責任でお願いします。

Believe in yourself.



↓私の投資方針を紹介しています。参考にこちらもどうぞ。

↓日本株投資の失敗談です。 参考にこちらもどうぞ。



ETF 銘柄分析
スポンサーリンク
↓ポチっと応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
【参考になった方は是非シェアをお願いします!!】
りんりんの長期株式投資で1億円を目指す

コメント